トマトの水やりで萌える

私トマトに水やらんとー?

息子大丈夫、ぼくのペースがあるから。

私はい

こんにちは!

ときどきラジオのゆっぺです。

先日、小学2年生の息子に言われました。

またある日も

私トマトカラッカラやったよー、水やったらー?

と言うと

息子昨日の夜あげてるから大丈夫、トマトが本当に水が欲しいよーってなってからあげたほうが美味しい美味しいってなってトマトが元気に美味しくなるってワケ

私あっそうやね

えっ、それってもろ自然農やんかーー!!!

自然農とは化学肥料とかあげす、水も雨水のみ、野菜本来の力を最大限引き出すために手を加えない、、、、みたいな栽培方法だと思います。

いつもならすごいねー、よく知ってるねーと言うところですが、私的に衝撃で何も言えませんでした。

トマトの水やりは学校の先生かEテレ鉄腕DASHで知ったんかなぁ。

多分私も色んな場面で子供の成長を感じているんだろうけど、慣れてきてるし、いちいち覚えてません。

しかし、トマトの水やりのタイミングについては私の萌えポイントにハマりました。

独身の頃は1人で糸島の自然農の畑を見てまわるツアーに参加した事もあるくらい、萌え分野だったのです。

そして先日、小学2年生の息子とアートロジックという子供のためのイベントに行きました。

そこで、絵本を読んだ後その場面ごとに感じた事を感情と絵で表現するというワークショップに参加しました。

終わった後、講師の方から褒めていただけたので、後でお褒めの言葉を息子にも伝えたところ感情と絵が豊かみたいな事

そういうのさぁ、僕いっつも言われるやん。いっつもっちゃんねー

特に嬉しそうでもなく返されました。

いつも同じ褒め方で飽きてしまったかね。

最近、頭上がらなくなってきたわ。

最後までお読みいただきありがとうございました