ガラコリベンジ

 土曜日はあみみさん宅で、ガラコと破界の塔。

 マスターはCHA師で、プレイヤーはあみみさん、闇の隠居さん、MYMさん、私。

 以前プレイした時は、プレイヤー3人だったので散々な目に遭ったわけですが、今回はプレイヤー4人なのでバランス的には良くなっているはずということで、以前攻略できなかったシナリオを捲土重来再挑戦することに。

 PCは新規作成。

・ユーリンチー:テンタクル族

アザゼル:エレメント族

・オーサカ:ピグマー族

・ミケノ・タマ:ラット族

テンタクル族はタコかクラゲっぽい異星人。エレメント族は超能力者。ピグマー族は一般人。ラット族はケモ耳の獣人。キャラクター作成にあまり決めるところがないため、サクサク作成完了。

 初めて参加する人もいるし、そうでなくてもみんな忘れているので、ルール説明がざっとなされて、シナリオ開始。

 とりあえず、10シーン以内に指示されたダンジョンを攻略してこいとのこと。以前の教訓があるので、街で情報収集して、買い物して突撃。

 情報によると、ダンジョンは3層構造。その1階で、4体の敵との遭遇戦。部屋の中央に、いかにもヤバげな閃光を放つエリア。まあ、前回同様なので判ってました。射程の長い敵武器に悩まされるものの、割と、いける感じで展開。マスターから、燃料切れを狙って逃げまくろうかという声も出るくらい。

 しかし、PC側にパーツを渡すのが嫌だからと、自爆しようかとか言うのは勘弁して下さいw

 というわけで、HP回復のために食料が消費されたものの、強力な武器を入手して意気上がるPC一同。

 昇降機で2階へ上昇。2階では、ここからは、未知の領域。2階でも1階同様4体の敵が待ち受けていました。

 オーサカの攻撃がいきなり炸裂してコックピットに命中。ダメージも弾けて、いきなり沈黙w焦るマスター。

 しかし、調子に乗り過ぎてました。近接担当のミケノがいきなり踏み込んで、床を踏み抜いて落下w落ちたのは、下のヤバげな閃光エリア。

 落下ダメージで右脚をやられ、閃光エリアの高圧電流で左脚をやられ、動けなくなるミケノ。両脚をパージして、エリアから這い出して、下に残った敵の残骸からパーツを拾って付け替えて、昇降機を動かして上がってくると、この戦闘中にはとても間に合わない感じ。

 というわけで、互いに一人脱落した状況で戦闘継続。

 ユーリンチーがもう1体沈黙させるものの、高速移動からの近接攻撃に翻弄され、両手を動かなくされ、攻撃手段を失います。

 ユーリンチーが瞬間移動を駆使して立て直しを図るものの、その間にオーサカもやばい状況になり、已むを得ず撤退することに。

 ユーリンチーが昇降機からかなり遠い位置にいるものの、瞬間移動を駆使して、撤退に成功。

 しかし、その戦闘終了時のHP喪失で、ユーリンチーのHPが0に。残ったPC達のためにガラコを残して、コックピットの中で干物になっているユーリンチー、という死に様を演出しようとしたのですが、このシステム、HP0は死亡ではなかったのでしたwふぅ、危なかった。

 というわけで、態勢を整え直すため、一時都市まで撤退。特に、燃料が足りないのが致命的だったわけで。

 ここで、実時間も18時半だったため、次回続きをするために。前回と違って、今回は結構攻略の目途も立ってますから、意気軒高です。

広告を非表示にする