遠い日の忘れ物

普段からこのブログを読んでくれている人に向けた、よく当たると評判の読者占い

あなたは、どちらかといえば文系である

あなたには、ちょっと変わったところがある

あなたは、家族といる時間よりもメダルゲームを優先する

あなたは、日の生活に満足しているようで実は不満を抱いている

あなたは、魚より肉が好きである

あなたは、常に前向きであろうと努力している

あなたは、寒いギャグにも愛想笑い出来る心優しい人間である(笑)

あなたは、やろうと思えば飯も食わずに12時間ぶっ通しでメダルゲームをやれる集中力の持ち主である

もしも、〜全て当たっていたなら、あなたは俺の親戚か何かかもね(笑)

SEGA店では、いつもの流れで北斗ビンドロ5ベットと地味に2000枚増やしたところでビンギャラを選択。しっかし、こんな設定でよく毎回席が埋まるよなぁ(笑)

もちろん、まったくオッズが上がらないわけじゃなく無理矢理上げることは可能だが毎回1ページ目の下段にある2倍枠を持ち上げるため、最初から不利なスタート。ビンドロ50ベットで言えば、対策を抜けるために2万枚入れる下準備時間と手間が発生するわけでこれが苦痛を伴う

それを我慢し、ボーナスゲームをやったはいいが初球20番に一直線ww結果的に、この日はビンギャラで-1500枚。トータルでは500枚増えはしたが、やはり安定はしない機種

次の日。北斗では、フィールド奥に玉がある席を選びそれを前進させている最中にスロットがスローからの、。あ来た(笑)

ある日突然訪れる世紀末タイム!その唐突さは、ROUND1である日突然ミリオンビンゴ99999枚が当たったという記事を読んだ時の驚きに似ている誰のこと?(笑)倍率は3倍、普段は単射だがこの時ばかりはレバー前倒しの大盤振る舞い

心配してたやつも揃い

これで大体2500枚。選んだ席は、下手をすればハマる可能性大だったが、玉が奥にあったのが功を奏し暗転までの待ち時間が稼げた

そして、この写真の意味するところは明白。Aランク項目は残るラオウ突発当たりをログインボーナスで狙うため、極力この状態をキープしたまま参戦回数を増やしたいところ

北斗の拳を終え、マリコロでは写真の状態で席を捨てた子連れの父親。おそらく、金玉が端に寄ってしまい動かなくなったのだろう

で、試しにやってみたところ、EXの枚数が1800枚を越えていたwww

今回は手探りキャッチせず、ちゃんとアームを操縦してなるべく金玉狙いで集めていく。空中キャッチも2度あったが、いつにも増してお利口なキャッチャーだな(笑)

結局、ゴールデンチャンスは1回と他を何回かやったけどは獲れずEXも崩されたので終了。にしても、この金玉汚すぎ

ポーカーでは、1枚チェンジでストレートフラッシュ。JK無しなので、ベット数の40倍

そしてビンドロ。3ベットではビンゴタイムで内側ペア。これだけでは700枚ほどの払い出しなのだが

スペシャルボーナスで2倍獲得

さらに、ボーナスドロップからのステージ進出という追撃に成功w

が、あと1個入らず2000枚ほどで終了。同じビンゴゲームでも、ビンギャラと違い運要素以外のところが必要最低限のこのゲームは対策パターンさえこなければ十分勝てる

預けとしても増えてはいるが、さすがに200万枚は無理(笑)このあたりで、常勝が崩れる恐れのある機種を選ぶのもいいか

ということで、ビンドロ50ベット。直前のゲームが対策で200枚しかベットしなかったため、サバゲーではその分しか賭けられなかった。まぁしかし、結果的に10番は潰されたから被害は最小限に抑えられた。これで気が変わり、ベット数を503に変更

それこそ、いつもなら1〜3ゲームもやれば1000枚以上のプラスで席を立つのが俺にとってのビンドロなのだが、今回は分が悪い。写真の2nd確定ペア待ちも23番が点灯しているが、これはスルー。ペアビンゴも仕留められず、明らかにツイてない様子

その後、2ndでセンターの数字が左右2所ずつ出現する事件もありステージになるものの0で終了。-1500枚北斗やレート変更で挽回する手段もないわけじゃないが、今回は違う方を選んだ

まぁつまり、勝率を下げる代わりに浪漫を求めたわけ(笑)ビンゴギャラクシーにおいては不利な待ちとして知られる4コーナー単騎も、黄フィーチャー3倍有効のこの場合は当然狙うべき一手である。まぁ、入らんかったけど(笑)

オッズ2倍枠に停止するも、下のほうでは意味がない

その後もベット数200〜300で強引にオッズを上げるも、勝負をかけたゲームではMOVEすら点灯せず

かといって、序盤でダイヤが点くとオッズは青枠から上がらない。そして、そういうゲームに限ってあっさり4スポット(笑)

一応、倍ラインでの3スポ確定から黄有効3倍で25を狙える場面(成功すれば1800枚獲得)もあったが

よりによって、フィーチャー点灯してない時に赤が25に入っての4スポットビンゴwwwもちろん仏頂面になる俺であったが、これがビンギャラの意思であることを次のゲームで知ることになる。なぜなら

子安プレイヤー6、スーパーリーチ!そう、この緊張感こそメダルゲーム!待ちは1だけど(笑)

リーチの時は、1桁のほうがよく入るぞ!と、常連のおっさん。1なんて入らんでしょーと返す俺だったが、下から突き上げるように紫のポケット目がけて体当たりするボールの軌道を見てるうちに入るのか?と思ってしまう。純正ではないが、スーパーである以上当たれば一撃3万枚。4球目が14に入り、いよいよ後がなくなった5球目が1番へと一直線に進み

わずかに勢いが足りず、11番に入って撃沈ww同時にライドも失敗でボーナスをやれないまま席を立つ。-2500枚、博打を挑んだわりには失ったものもたかが知れているが、ここの常連にあって俺に無いものがわかった気がする。いや、正確には思い出した、と言うべきか。

ライドゲームでノービンゴ!そこで腹を立てず、常連同士であそこはあっちを選んどきゃよかったなんで一発目が25に入るんだよ〜といった光景が当たり前の、SEGA店のビンギャラ。配当ゼロの苛立ちや飽きを感じていたとしても、彼らは一途にビンゴギャラクシー。そんな様子を見ていて思う。純粋にメダルゲームを楽しむ心を、俺はいつどこで落としてきてしまったのだろうか、と