いえい、立ち読み!

それは

本屋でのこと

文庫本の棚に来たときに

彩雲国物語」の

「骸骨を乞う」の文庫が上下巻置いてあり

ハードブックカバーで持っているけれど

これの下刊に書き下ろしが!!

載っていましたの

それは結構長そうでしたが

ここで読んでいくか!と決めた私は

読み続けた

夫も本屋に居たけど

そんなこと忘れて読みふけったのであります

なにしろ

それは秀麗が亡くなって

龍輝が50代になって

娘の公主が15歳になって

お婿さんを迎えろという話を

ゲシゲシ断り続けている話でした

その公主の、たった一人のあこがれの人が

誰あろう・・・

あのクソジジイ!で

まあ、そんなことだろうと思っていましたが

もう一回陶酔して

読みたいので立ち読みしに

また本屋へ行こうと思います

読み終わって車に戻ったら

夫に

「3時間でも居そうだなあ〜〜」って言われました