キンシバイ(金糸梅) Hypericum patulum.

いつも咲いている場所(図書館脇)の金糸梅が、取り払われてしまってましたので、今年はどこか他で咲いている探していましたら、マンションの隠れた隅っこに咲いていました。ファーストアリーナという集会所の裏手にありました。

キンシバイ(金糸梅) Hypericum patulum.

オトギリソウ科オトギリソウ属の半落葉低木。原産国は中国で、日本への渡来は1760年(江戸時代の宝暦10年)頃。学名はHypericum patulum、別名を美容柳または未容柳とよぶ。花長は1〜1.5mほどで、6月〜7月梅雨時に開花する。庭植えに適し、咲いた花の鮮やかな黄色が、雨に映える美しい花木。金糸梅の名はいっぱいある黄色のおしべを「金の糸」に、5弁の花を「梅」にたとえた。花径5〜6?ほどの5弁の黄色の花。花つきよく、満開時は美しく見応えがある。雄しべが長く伸びて咲くところが特徴。耐寒性は強く、東北の南部地域以南であれば日本各地で栽培可能。株立ち上に枝が出て、ゆるやかに枝垂れる。葉は対生で長い楕円形。暖かい地方では落葉しないことが多い。花言葉は「秘密」「きらめき」「悲しみを止める」。似た花に美容柳、西洋弟切、西洋金糸梅がある。

「石垣に 金糸梅咲く 在家かな」 鶯 竹里

「金糸梅 水のひかりを ためらはず」 六角文夫