難しいね・・・

記事と全く関係ない俺の話をするが、俺も断捨離を考えている。

『車』の。

俺は8年前に会社を辞めて実家に戻ってきたんだよ。

その際、自分の車を持ってきたんだが、実家にはオヤジの車があるし、

駐車スペースもないので、家の前に路駐しているのさ。

ただ、冬(12月〜3月)は除雪の邪魔になるので、兄貴に預かってもらってる。

兄貴の家には2台分停められるスペースがあるからね。

預けるので当然、使ってもらってる。

つまり、俺が1年で車を自由に使えるのは、4月〜11月の8か月のみ。

当然ながら税金、車検、保険、メンテナンスの料金は俺が払うんだが、

1年間で大体20万はかかるんだよ。

それでいて通勤には使わないし、長距離の移動もしない。

はっきり言って、車を持つメリットがほとんどないんだよね。

そして俺の車、もう19年目に突入したんだよ。

あと1000kmで走行距離が10万kmにも到達する。

車買い替えの目安が10万km言われているから、

ほぼ車としての寿命を迎えたといっていい。

だから、あと1年で廃車にすると決めた。

(次の車検の前に廃車にする)

でも葛藤が尋常じゃないんだ。

「いや、まだ全然走れるし・・・」

「去年、タイヤとマフラー交換したばかりだから、損じゃないか・・・」

そんな思考がぐるぐる駆け巡って邪魔をしてくる。

そしてそれ以上に、

俺が新人の時代に、新車で購入した、『俺の初めての成果』であり、

『約20年間、苦楽を共にしてきた相棒』なんだよ。

今までいろんなものを断捨離してきたけど、最大級の葛藤と言っていい。

『愛着』のレベルが違うのよ。

断捨離できない人ってのは、

きっとそういう『愛着』が、ほかの人よりも強いのかもしれんね。

“断捨離”はなぜ難しい? 中学生のかばんが重すぎる問題

広告を非表示にする