読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドライフードメーカー購入

↓アマゾンで安いドライフードメーカー(株式会社アイテックTDPーA07)を注文してあったのが金曜日(5日)に届きました。

ドライフードメーカーもピンキリですが、これはアマゾンで3980円とかなり安い製品です。高いものは業務用という感じで個人がちょっと使うには大袈裟すぎます。実はもっと安い製品があったので注文してありましたが、何故か勝手にキャンセルされてました。(-.-;)

これはドライフルーツを自分で作ってパンに入れるために買いましたが、他の方は犬用のジャーキーを作る為に買う人も多いようです。市販のドライフルーツは結構高いので、これで上手くできればパンのコストアップを抑えられます。(電気代はかかりそうですがf^_^;)♪

これは安い機器なので、初期不良や耐久性に問題があり多そうですが、とりあえず使ってみたところ、熱風は無事出たので暫くは使えそうです。機器は中国製ですが、マニュアルはきちんとした日本語でした。f^_^;

↓これはトレーが5段付いているので、まずは小さめなりんご1個とキゥイ1個を薄くカットしてトレーに載せて2段で乾燥させてみました。

この機器はタイマーが付いていないので、出来上がりは目視で判断して自分で電源を切ります。一応、35度から70度まで設定できる温度設定機能が付いていますが、どの温度が良いのかは明確な基準がないので(葉物は低く、硬い物実は高めに設定するようです)、経験から判断するしかありません。とりあえず60度に設定してみました。

出来上がり時間も材料の質、量等に影響されるので、最終的には目視で判断するしかないようです。f^_^;

空気を下から吸い上げて上に吐き出す構造で、ファンの音はやはり少しうるさいですが、我慢できないレベルではないです。リビングの隣の部屋は24時間除湿機をかけているのでそれと変わらない音でした。

↓8時間後です。市販品のようにカラカラという程ではないですが、少しシットリとしていて甘さが濃縮されたドライアップルとドライキゥイが出来ました。キゥイは厚く切ると結構乾き難いです。パンに入れるのであまり乾き過ぎない程度にしたかったため、これ以上は乾燥させませんでした。

ヨーグルト等にトッピングするのも美味しそうですが、生憎僕はヨーグルトは苦手でして。f^_^;

↓バナナとキゥイもやってみました。これは70度で8時間程度乾燥させたものですが、どちらもかなりドライになりましたね。やはり薄くカットした方がいいようです。温度を上げ過ぎるとビタミン等が壊れそうですが。(^O^)

これでまたパンに入れる具のレパートリーが増やせますが、機器の耐久性は未知数ですね。f^_^;

更に乾燥させてミルで粉に粉砕して、ジュースやスムージーとかで飲む事もできるようです。こうすると少量でも栄養を沢山摂取できますね。

では。