読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一応、私もそう診断はされていますが。。。

■「体は男、心は女性」入学可能に? 日本女子大が検討へ

 これはちょっと危険ですねぇ。

 あぁ、

 女子大側や、生徒さん側という意味でもそうなのですが、

 主に入学を検討する当事者の子が危険という意味です。

 んん〜。。。

 そうですねぇ。。。

 やっぱりね、

 曖昧なんですよ、

 トランスジェンダーというか、GIDって。

 私も大学病院で、

 それもきちんと時間をかけた上で、

 GIDと診断されています。

 

 けれども、

 やっぱり自分でも疑うものだったりします。

 本当にそうなの?

 一時的なものじゃないの?

 現実でいろいろあって混乱してるだけでは?、とかです。

 なんだかんだでね、

「普通」でいたいものなんですよ。

 その方が「生きやすい」ですからね。

 弟はそれについて鼻で笑い、

「普通でいたいくせに女装か」と言っていましたが。

 あの人を思いやれない屑は一生許さない。

 ……と。

 それは置いておいて。

 がんとかならね。

 まぁ、そうなのかなぁ、って一応思えるんですよ。

 実際に私はがんとなりましたが、

 検査したときに、

 卵ほどの大きさのがんを見てしまいましたし。

 「お医者さんがガンっていうなら、

 ガンなんだろうなぁ。。。」

 そんな感想を抱きました。

 わかりやすい病気でもそうなんです。

 

「普通」、「健康」でいたいですからね。

 疑う心をもって当然なんです。

 本当はがんじゃないかも?

 実は良性で、手術する必要はないかも?

 死ぬかもとか、うそでしょ?、とかね。

 疑うんですよ。

 実際に見てたとしても。

 信じられない、信じたくないから。

 GIDも同じです。

 私は生きてきて、

 様々な失敗をしましたし、

 いろんな人に迷惑をかけました。

 無意識のうちに傷つけたり、とかもね。

 さらに指摘され続けて、

 そうしてようやく、重い腰を上げたのです。

 目に見えないので、

 判断しにくいんですよ。

 それはお医者さんも同じです。

 私はきちんとしたところで、

 長い間、自分と向き合いました。

 しかしながら、

 中には一回の診断で「GID」だと、

 結論を出してしまうところもあるようです。

 これはね、

 ある種、不幸なことでもあるんです。

 診断が本当にその人のためになるのか、

 すごく難しいことですからね。

 身体的治療をしようと思えば、

 さらにその難しい傾向は強くなります。

 家族関係だってそうですし、

 身体に大きな負担を強いるからです。

 現に、

 私は「がん」を理由に、

 まだ身体的治療はしていませんからね。

 このままでも、

 生きようと思えば、生きれるのです。

 その先に、

 大きな問題行動を起こすとわかってていても。

 生きるだけならね、できるんですよ。

 その問題行動の程度が、

 周囲が許容できる範囲であれば、

 私は身体的治療をしなくてもいいと思います。

 私は許容できる範囲ではなく、

 まぁ、ぶっちゃけ刑事事件に発展するレベルなので、

 身体的治療をした方がいいと考えています。

 要するに、

 わざわざ茨の道を進まなくても、

 生きるだけならなんとかなる可能性があるので、

 女子大という危ない橋を渡る必要はない、ということです。

 もし、

 その子が将来、

「やっぱり男性として生きよう」と思った場合。

「やっぱり自分は男性なんだ」と思った場合。

 果たして、

 その子は自身が歩んだ道に、

 どう思うのでしょうね。

 確かに、

 未成年の状態なら、

 身体的治療をすることによって、

 身体の発達の程度から、

 ほぼ女性のような外見になれるかもしれません。

 ですがその道は、

 引き返すことはできない道なのです。

 それに、

 女性のような外見ならば、

 努力次第で手に入れることができますよ。

 女性ホルモンをしていない私が、

 職場で女性として扱われたり、

 職場外の男性からのアプローチを受けてたりしてたのですから。

 エロい目で見られたりもしましたし、

 女性から攻撃されたこともありますし、

 女性に慕われたり尊敬されたり、色々です。

 まぁ、

 今はがんのために、

 仕事を辞めて自宅療養中ですけど。。。

 と、とにかくですね。

 焦らなくてもいいと思うんです。

 ですから、

 わざわざ女性の巣窟とかいう、

 恐ろしい場所に行くことはないと思うんですよ。

 えぇやん、共学で。

 ぼけーっと、

 エロい目で男を見たったらええねん。

 男はアホやから気づかねぇって。

 ただし、

 イケメンに限る、だけどな!

 女性同士とか、

 確かにぎゃーぎゃーしゃべって気楽で楽しい面もありますけど、

 その分、がちで面倒っすよ?

 

 会ったこともないのに睨め付けられたり、

 マウンティングされたり、

 通りすがりに毒吐かれたりとか。

 そりゃあ、「すごい美人」と言ってくれたりしましたけど、

 単純に「ほげー」っと感想を言ったっぽい人もいれば、

「はっ! 男のくせに」と思ってることが見え透いてる人もいれば、

 チリチリとした嫉妬や憎悪と優位性との葛藤の目を向ける人もいました。

 どんな見た目であろうが、

 結局は「元男」な弱者だし、

 マジでえぇことってそんなにないっすよ?

 それに、

 女の身体なんて見ても、おもんないでしょ。

 結婚してみて、

 性生活が全く上手くいかなかった私が断言してやるぜ!

 

 

 同じ乳首を見るならば、

 イケメンの乳首を見るべし、と。

 カモフラで結婚して、

 ちゃんと色々「普通」ができるなら、

 その方が問題なくていいですよーって。

 警察沙汰になって、

 牢屋にぶち込まれそうになった私が言いますよッと。

■「体は男、心は女性」入学可能に? 日本女子大が検討へ

(朝日新聞デジタル - 03月19日 23:12)